歯科治療


半導体レーザを使った歯科治療
2012年6月5日 掲載

半導体レーザでの治療の場合、レーザを照射して歯ぐきを焼き切る場合にも、歯ぐきの浅い部分であれば麻酔なしでもほとんど痛みがなく処理することができるのですね。

歯ぐき増殖部に対しても効果的な治療が行え、また半導体レーザーの光ファイバーは0.4mと細く、歯と歯ぐきの隙間に入れることもできるので、効果的に治療が行える適用範囲が広い器具ということです。は治療対象範囲は広いですね。

吉田歯科診療室 吉田先生による治療・解説です。

 
エルビウムヤグレーザーを使った歯科治療
2012年6月1日 掲載

エルビウムヤグレーザーで深いところまである虫歯を除去するために歯を削っています。(現在、4種類あるレーザのうち、Er:YAGレーザーは唯一、歯を削ることが認可されたレーザー。)

またEr:YAGレーザーの水分に反応する性質を利用して、歯周ポケットにある歯石や根管治療、口内炎の治療を撮影した動画をご紹介されています。

吉田格(よしだいたる)先生とD-Brainの高山奈穂子さんのお二人で、歯の状態や治療方法について判りやすく解説されています。

吉田歯科診療室 吉田先生による解説。

 
2007 shikainfo.com All rights reserved.
Joomla Templates by JoomlaShack Joomla Templates